全ての人が美しい世界

前にWEB漫画を紹介したのですが、
あの文章を書いている時に思い出した作品がありまして、昨日読み返しました!


同じく韓国のWEB漫画で
またまたメジャーなところなのですが

全ての人が美しい世界

という作品です。


この中のmidnight circusという作品です。
(他のものも面白いです!最近のは読めてないけど)

去年、春学期のテスト前の追い込み期に
Twitterでたまたま見つけてしまって、
面白くて一気読みしたのが懐かしいです。

なんでテスト前って面白いもの見つけてしまいがちなんですかね

しかもスルーできないようなものを見つけてしまいがち…




☆感想(ネタバレしてます)


中学生、高校生だった頃を思い出してしまいます

もちろん漫画なのでかなり過激で
実際はあそこまでハードではなかったけれど

ものすごいリアルでゾッとする場面が多すぎる……

<実際私の周りでも起こった出来事>
・先生が1人を明らかに優遇。その他に対しては当たりが厳しい
・かわいい子のヘアセットがいつも決まってるのを皮肉る

<実際はなかったけれど背筋凍った出来事>
・服被り

<めっちゃ細かいけど分かるぅって思った部分>
・私服のコンセプト「オシャレっぽいけどオシャレすぎないオシャレ」



あとがきみたいなところで

読者「なんでこんなにリアルなんですか?」
作者「作者は高校を卒業してから10年経ってますが、今の子たちも変わらないんですね笑」

みたいな応答があって
笑っちゃいました。

年代間で差がないこともですが

国境を超えても同じような問題や悩みを抱えてるのが

あの時悩んでたあれこれは、
普遍的な問題だったんだなぁ

と笑ってしまいました。

みんなが通る道だったんだなぁと思うと

何やってたんだろうという気持ちと
そんなもんよなぁという気持ちになりました。



の映画を観たときに近い感覚でした

「あーあるよね分かる」
って共感できるかどうかが
作品を面白いと思うかどうかの差に
そのまま反映される系の作品だと思います